じゃがいも コンフィ 炊飯器

鶏もも肉や鴨もも肉のコンフィはビストロの定番料理。コンフィという言葉の語源は保存する(confire)という言葉で、元々は果物の砂糖漬けを指していたよう。肉のコンフィは元々、冷蔵庫のない時代に肉を保存する技術として発達した調理法です。 さて、このコンフィ。 じゃがいもが焦げました(^^; 低温の油で火入れし、フライパンで皮目をパリッと焼き上げる「鶏肉のコンフィ」。今回は炊飯器で仕込む方法を初めてトライしてみました。 前回までの記事はこちら。 1.じゃがいもは洗い、皮はむかずに大きめの一口大に切る。ニンニクはスライスしておく。 2.黒胡椒以外のすべての材料を炊飯器に入れ、「炊飯ボタン」を押す。 「炊飯器で、じゃがいも炊き?」の作り方。簡単にじゃがいもが蒸かしあがるので、楽チンです。炊飯器お任せで、時間を見て、有効に出来るかなと・・・ 材料:じゃがいも、水、キムチ.. これのいい点は、 出来上がるまで 放っておける ところです .

炊飯器の保温で作る簡単コンフィの作り方を紹介します。 コンフィというのは、油のを使った低温調理法で、肉のうまみをしっかりと閉じ込めることでおいしくなる方法です。 一定の時間低温を保たなくてはいけないので、鍋で作るのは難しいのですが、炊飯器ならば簡単にできます。

2017年のクリスマスディナーは、炊飯器の保温機能を使ってフレンチの定番でもある鴨のコンフィを作りました。炊飯器に入れてほったらかしで出来る簡単本格フレンチです。コンフィに合うオレンジソースの作り方も掲載。 写真のように、ドサッと入れ、 そのまま炊飯器のスイッチをポン! すると・・・ ↓ ↓ ↓ 炊飯器もおススメです . 「炊飯器クッキング」が未体験の人も心配無用! 失敗なく作れる簡単な料理レシピを紹介します。炊く・蒸す・焼くを炊飯器が調理してくれるので、料理の手間や時間が省けます。料理が完成するまでは“ながらクッキング”で他のことが出来るのも魅力ですよ。 炊飯器で仕込んだ鶏肉のコンフィは概ね成功.