タント エアコン ダイヤル 外し 方


ここでは平成23年式ダイハツタントX(L375s)のエアコンフィルターの交換作業をしていきたいと思います。 エアコンフィルターが目詰まりすると、エアコンの効きが悪くなったり、酷くなると悪臭を放つようになるので定期的な交換が必要です。

ペタのタントはマニュアルエアコンなので、パネル外しに一手間あります(。-∀-) 最初にダイヤルノブを引っこ抜き! さすがに、すげーかてーの( ノД`)… タントのパーツの外し方まとめ ⇒ 【タントカスタムla600】パーツの取り外しや交換方法 .

エアコンフィルターの外し方. エアコンの吹き出し口を替えるダイヤルを回したら鈍い音がして切り替えが出来なくなったので修理します。 2 まずは運転席のハンドル下のカバーとカーナビ(オーディオ)のカバーを引っ張って外しエアコンのツマミを全て外します。 下図の矢印で示す部分をつまんで少し手前に引き左に引くとエアコンフィルタのカバが外せます。 下図の矢印で示す部品がエアコンフィルタです。手前に引けばエアコンフィルタが外せます。 2年間装着していたエアコンフィルタの状況です。 グローブボックスの後ろにエアコンフィルターがあります。 エアコンフィルターは定期的な交換が必要で、車内の環境をよくしたい方は、1年1回は交換するといいです。

エアコン周りの取り外し方法 作業前にバッテリーのマイナス端子を外してからメーターの取り外し作業を行なって下さい。 作業中にドライバーなど不要な金属部分への接触などによりショートしてしまう危険を回避する為にもお願い致します。 今回は、「タントカスタムのエアコンフイルターの交換方法」を解説しました。 取付時の参考になればと思います。