リモートデスクトップ ログオフ コマンド

全ユーザーをログオフさせることもできます。 まずどのユーザーがリモートコンピュータにログインしているかをチェックするところから始めましょう。いくつかの方法がありますが、ここでは quser コマンドを使います。 と入力することで、リモートデスクトップ接続を立ち上げることができます。 イベントログからログを抽出するには get-winevent コマンドを使います。 mstsc. コマンドプロンプト [mstsc]:リモートデスクトップ接続を実行する - 接続先を指定し、リモートデスクトップ接続を実行する。接続先を設定したファイルを指定して接続することも可能。 これらのログを1行1行を追いかけ、ログイン・ログオフを追いかけるには大きな工数がかかるだけではなく精度も下がってしまいます。 PowerShell で抽出. コマンドで呼び出す方法 を覚えておくと便利です。 リモートデスクトップ接続をコマンドで呼び出すには、 【Windowsキー】を押して【プログラムとファイルの検索】から. Windows7マシンからWindows8.1マシンにリモートデスクトップしています。 この状態でWindows7マシンのリモートデスクトップ画面を×ボタン押してを切断すると、同時にWindows8.1側でログオフされてしまいます。 XPとかでは切断してもセッションが残っていて再度接続すれば作業を再開できたのです …