リモートデスクトップ 複数接続 windows7

Windows Vista / Windows 7でリモートデスクトップを使用する場合、クライアント(接続する側)としてはすべてのエディションで使用可能ですが、ホスト(接続される側)として使用できるエディションは限ら … 事前確認 ご注意. Windows Server 2012 R2のリモートデスクトップ接続のセッション数はデフォルトだと1つに制限されています。従って、あるユーザでリモートデスクトップ接続をしているときに、別のユーザがリモートデスクトップ接続すると以下のようなメッセージが表され、セッションが終了してしまします。 リモートデスクトップ接続とは 「リモートデスクトップ接続ってなんなのさ!?」という方のために、かんたんが簡単に説明しますと(!?)、Windowsで遠隔操作できるやーつのことです。 リモート接続で使用するアカウントにはパスワードが必要です。 事前にパスワードを設定してください。 ホスト側に設定されたPCを複数のユーザーで同時に操作することはできません。. リモートデスクトップという機能を利用したことはありますか。Windows7のPCから他のパソコンへリモートデスクトップという機能で接続すると遠隔で操作することができます。ここではWindows7でリモートデスクトップ接続する方法や必要な設定について紹介します。 リモートデスクトップ接続でマルチディスプレイ機能を利用するためにホストPCのリモートデスクトップ機能を更新します。 環境 ・ホストPC: Windows 7 Professional 64bit ・クライアントPC: Windows 8.1 Pro 64bit ディスプレイ二画面で使用; 内容 Windowsについての記事です。 リモートデスクトップのバージョン8.1には複数のディスプレイ環境になっているクライアントPCからホストサーバやホストPCにリモートデスクトップ接続をする時にディスプレイを複数で使いホストをリモート操作できる機能がある。