入社 一年目の 教科書 批判

「入社一年目の教科書」、今回新しい職場に就くことになったので、原点に立ち返ろうと思い再読しました。 入社一年目、とはタイトルにありますが、社会人になって何年も経った人にこそ(自分も含め)読んで欲しい一冊です。 「入社一年目 ビジネスマナーの教科書」 身だしなみ 清潔感、機能性、上品さが大事 定期的なカットと、毎日の整髪を怠らない。 髭は毎日剃る。 ビジネスシーンでは着る服を考え切り替えていく必要がある。 フォーマル(スーツ) 企業に就職するとさまざまな方向からものごとを考えることが必要になりますが、その中でも最近注目される手法が「クリティカルシンキング」です。クリティカルには「批判」という意味がありますが、一体どのようなものなのでしょうか? 批判コメントは大歓迎です。お待ちしております。 ※少し常識的な内容が含まれますので、ご了承ください。 入社までにコミュ力とメンタルを磨く 入社までにビジネスマナーを身に着けておく 入社までに『入社1年目の教科書』を読んでおく まあ、本のタイトルはキャッチーにするために「入社1年目の…」となっていますが、この本が気になって買う人は、だいたい入社2〜3年目以降の人ではないでしょうか。(私もそうです。)入社してすぐ読んでも、「ふ〜ん。 『入社1年目の教科書』は、オンライン記事でも話題となっています。「ちょっとバタバタしていまして」は、社会人のngワード、などドキッとするような記事ばかり。ぜひこちらもチェックしてみてくださ … あなたは、岩瀬大輔さん著『入社1年目の教科書』という本を、ご存知でしょうか。 タイトルから想像できる通り、「新入社員としての心構え」が紹介されている本です。 そしてこの本は、多くの社会人が「新入社員に"読ませたい"本」としても人気があるんです!

... 入社1年目のお金の教科書 これだけは知っておきたい 貯め方・使い方・増やし方 (きずな出版) 田口 智隆 5つ星のうち4.6 3. Amazon.co.jp: 入社一年目の教科書. 要は、ビジネススキル以前に、仕事に対するスタンスの部分が大切だということでしょう。 仕事ができる優秀な人ほど、この本に書いてある基礎的なことをなおざりにする傾向があるように感じます。 『入社1年目の教科書』まとめ. こんにちは、Shin(@Speedque01)です。今日は、新入社員向けビジネス書のベストセラーのひとつ、「入社一年目の教科書」を紹介します。 著者はライフネット生命社長、岩瀬大輔氏です。岩瀬氏の経歴をライフネット生命のホームページから引用してみます。 スタッフには「入社1年目の教科書」を課題図書として呼んでもらっています。 この本には社会人や組織に属する人が知っておくべき基本的な常識がたくさん詰まっています。今回はこの本に沿って、「1年目」の皆さんに大切なことをシェアします。