北野天満宮 梅 見頃

京都北野天満宮の梅花祭の日程と梅の開花情報や見頃時期とライトアップ!北野天満宮は、学問の神様として知られる菅原道真公をお祀りしている神社の総本社です。日本全国には菅原道真公を御祭神としている神社が1万2千社あるとされ、その殆どがここ北野天満 北野天満宮(きたのてんまんぐう) には50種類、約1500本の梅の木が植えられています。 梅が見頃とのことで訪れましたが、北野天満宮は境内、もみじ苑、梅苑を合わせるととても広く、どの場所もかなり見ごたえがありました。 梅をこよなく愛していた道真にちなみ、命日である2月25日の神事は「梅花祭」と呼ばれ、多くの人が訪れます。. 北野天満宮は、全国1万2千の天満宮・天神社の総本社。京の都を守護する地主社でもあります。無実の罪で大宰府に流された菅原道真。その霊を鎮めるために建てられた北野天満宮。梅が好きだった道真にちなんで、天神さんの神文は梅の花です。ここでは北野天満 京都市上京区に建つ北野天満宮へ梅を見に行ってきました。 京都の梅の名所として知られる北野天満宮の梅苑には、白梅・紅梅・しだれ梅、50種類・約1500本の梅の木が植えられています。 学問の神様で知られる菅原道真が祀られている 北野天満宮 には、約2万坪の敷地内に1,500本もの梅が咲く 梅苑 があります。. 北野天満宮に、梅を見に行ってきました。 その時の体験を参考に、現在の北野天満宮の梅の開花状況をお届けします。北野天満宮の境内で、梅の花が咲き始めるのは1月からです。 そして、2月梅苑が開園して、3月に見頃を迎えます。北野天満宮へ行く事が多かった年があります。 梅の名所「北野天満宮」は、他では梅が散り始める3月下旬でもまだまだ見頃の飛梅伝説の紅和魂梅や枝垂梅があります。梅苑の有料期間が終わってもまだまだ見ごたえ十分の梅が結構あります。咲きはじめたばかりの桜よりお勧めです