医療費の お知らせ 領収書 合わ ない

領収書と医療費の通知書の金額が合わないとき(確定申告) ... 「被保険者等が支払った医療費の額」欄に記載された金額と病院の窓口で実際に支払った医療費の額(領収書に記載された金額)が一致していません。 ... mq会計セミナー、開催のお知らせ. 医療費控除の確定申告をする時に問題となるのが、「(1) 医療費通知の自己負担額」と「(2) 実際の窓口負担額(=領収書に記載された金額)」が異なる場合です。 1つ目の原因としては、それぞれ端数処理の考え方が異なるために起こります。 この場合は、「(1) 医療費通知の自己負担額」と「(2) 今まさに「6万円の治療費を払った領収書がない!

確定申告の時期、よく耳にするのが「医療費控除」という言葉。特に大きな病気をした人や、病院に行く機会の多い子どもがいる人は気になりますよね。 「医療費控除」とはその名の通り、かかった医療費の一部を支払うべき税金から控除してもらえる、つまりお金が戻ってくる制度のこと。 ?」と慌てて探していないでしょうか。 医療費控除では、原則として「医療費の領収書」が必要となります。 平成29年分の確定申告から「医療費控除の明細書」を提出する代わりに、医療費の領収書の税務署への提出は原則不要となりました。 医療費のお知らせの添付で領収書の集計の手間が省けると思っていたのに。。もし、そうであれば、領収書がそろっていない医療費のお知らせ(医療費通知)は使えないことになり、大量の領収書の入力をしないとだめなのかなぁと。 会社の健康保険組合から医療費の明細書を年に数回もらいます。まず結論から言うと、今年2月にとある病院で支払った代金が、明細に書いてある自己負担額よりも多いのです。このような場合は、組合、病院どちらに問い合わせるべきなのでし 医療費控除で領収書がないけど医療費のお知らせがあればOK? 残念ながら、「医療費のお知らせ」は発行する保険者によって書式や書かれている期間、内容が異なるため、全ての場合において領収書の代わりとなる書類ではありません。