大根 シリコンスチーマー 下 ゆで

私が持っているのは、下の↓赤いタイプのスチーマー。 これに、 大きさを揃えて切ったじゃがいもを入れて、 水を50ccほど加えて、レンジで4分~かけます。 (この時、水をいれるのは、 白ごはん.comの『スナップえんどうの基本的な下ごしらえ』のレシピページです。筋の取り方、ゆでる時の塩、ゆで時間、冷ましてからの下処理、そういったことを詳しく写真付きでのせています。水気が中の空洞に入りやすいので、水気の切り方もポイントです。 おでんの具材の中でも、大根は人気です。よ〜く味のしみている大根は格別の美味しさ。 でも、作るとなると、大根は下ゆでがあったりして結構面倒なんです。 なので、電子レンジで簡単に下ゆでができないかやってみました。 ほうれん草のアクをシリコンスチーマーで抜く場合. ます、 ほうれん草をシリコンスチーマーで蒸す時間は30秒から60秒が目安です。 その後、しっかり水にさらしましょう。 水にさらさないと、アクを完全に取り切ることはできません。 大根をゆでたあとの下処理. 下の方は、辛いので大根おろしに使われることが多いです。 あと、大根は、皮付近に"筋があるため、皮は厚めにむいた方が口当たりが良くなります。 大根を茹でる. シリコンスチーマーでのゆで方はこちら↓↓↓ じゃがいもの皮をむき、8等分くらいの大きさになるように切る そこに大匙1~2杯くらいの水をいれてレンジ 700Wで4分ほど 加熱する シリコンスチーマーの使い方について。実際、入手したあと、有効利用するのって、難しかったりします。そこで、今回は、お手軽に使えるシリコンスチーマーの簡単な使い方について紹介します。 米のとぎ汁で下ゆでした大根には、とぎ汁のにおいが残りますので、もう一度真水でゆでる、または水で十分にさらして余分な臭みを取りのぞいてください。 このあと、さらに蒸すと余分な水分を取ることができます。 【関連】 このシリコンスチーマーで、簡単にジャガイモが茹でられるんです♪ .