姉 貴 韓国語


韓国語で「お姉さん」という呼び方は「누나(ヌナ)」と「언니(オンニ)」の2種類。「ヌナ」は男性が年上の女性を、「オンニ」は女性が年上の女性を呼ぶ時の呼び方です。間違って使うと失礼になる注意点も含め、違いと使い方を徹底解説します! 姉の韓国語の意味、例文と関連単語です。 Kpedia(ケイペディア)は、韓国語の読み方・発音、ハングル文字、韓国語文法、挨拶、数字、若者言葉、俗語、流行語、慣用句、連語、プレーズ、韓国語能力試験に良く出る表現等を配信する韓国語 単語、韓国語 辞書です。 韓国語で누나(ヌナ)の意味は「お姉さん、姉貴、姉(弟から見た)」です。 韓国語 누나(ヌナ)の解説 ハングル 누나 意味 お姉さん、姉貴、姉(弟から見た) 読み方 ヌナ 発音 누나(ヌナ)は、弟が実の姉や親しい女の先輩を呼ぶときに使う呼び名になります。 どこまでが「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」に含まれるか!?ってことです。 20歳から40歳までの女性を。 年齢順に一列に並べてみたとしよう。 そこに、まだまだ社交辞令なんて言葉を知らないお年頃な、お子様を連れてきたとしよう。 こんにちは!Donyです!今日は韓国語での「父、母、兄、姉、妹、弟」などの家族構成の呼び方について話します。こちらに関してはプライベートでの付き合いでも質問が多いテーマなんですが、韓国は女×女、男×男、女×男、男×女の表現がそれぞれ違うので 韓国語単語「누나」を勉強。音声を聞いて発音を覚えよう♪韓国語で「누나」とは?누나の意味は「姉、姉さん」ハングルの読み方は[ヌナ]です。「누나」を使った活用・表現・フレーズや例文で勉強、【音声】で発音も確認できます。 「お姉さん」を韓国語では「언니(オンニ)」または「누나(ヌナ)」といいます。 今回は「언니(オンニ)」、「누나(ヌナ)」の意味や使い方を詳しく解説します。 最後まで読み進めると、理解も深まるよう様々な例文も用意しているので、是非お役立てください。 親族間のつながりが密な韓国、ドラマや映画でもよく家庭が舞台になりますが、じっくりセリフを聞いてみると、実にたくさんの呼称が登場します。 「韓国語での関係も分かればもっと面白いだろうに…」と思った人も少なくないはず。