悪の教典 to be continued

» 悪の教典 : 「to be continued」だってば!! [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-] 民主党が、次期衆院選での公約の一つに「TPP参加交渉」を明記するみたいですねぇ。 いきなりネタバレで申し訳ないです! この映画のラストで、蓮実聖司(伊藤英明)は警察に逮捕され連行される所で終わり、 次回に続く様な描写があるが、「to be continued」と表示される。 あれはどういう意味なのだろうか? 生き残った3人と蓮実の戦いの続編でも作るのか?

映画「悪の教典」は、 2012年の伊藤英明主演、三池崇史監督のr15+指定、日本映画です。この映画「悪の教典」のネタバレ、あらすじや最後ラスト、結末、見所について紹介します。原作は貴志祐介の小説です。若手俳優がたくさん出演している事でも話題 さて、「悪の教典」ですが、驚きのエンディングです。続編があるのですね。 aedが原因で警察に連行されていく蓮実は精神異常者の真似をしてみせます。真似ということを片桐が見抜いていましたが、罪の裁きを逃れてまた社会に出てくるのでしょう。 映画「悪の教典」のネタバレあらすじ動画をラストまで解説しています。「悪の教典」のストーリーの結末や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。 この映画のジャンルは「サスペンス映 … ※画像は下記公式サイトより引用 映画『悪の教典』公式サイト 概要 あらすじ 評価 感想・考察 とにかく恐ろしい 『次のゲームはもう始まってるんだ』の意味 『To Be Continued』の意味 スピンオフドラマ まとめ 概要 貴志祐介原作の作品です。 謎を残したまま終わった悪の教典ですが ラストで「to be continued」とあったので続編はある。 悪の教典、一日経って色々謎が浮かんでいます。 大島優子も試写会で大泣きした悪の教典 サイコパスってなに?って調べてみたところが、また謎な世界で。