法人税 追加納付 仕訳

法人税等(ほうじんぜいとう)とは、確定した法人税、住民税(法人住民税。道府県民税および市町村民税)、一部の事業税(所得割)の税額を処理する費用(または利益処分)勘定をいう。損益計算書上の表示科目「法人税、住民税及び事業税」の略称である。 ケース2:納付額確定時の仕訳処理(3級) この段階では納付額が確定しただけで納付は行っていません。 決算日後、申告書を作成した結果、納付する金額が確定した場合には、法人税、住民税及び事業税勘定を借方に記入し、ケース1で借方記入した仮払法人税等勘定を貸方に記入します。 3月末日付決算において納税準備金を計上し、その分を5月に納付し、確定申告書を提出したのですが、後日、市の方から我社の計算間違いがあり、100円不足なので至急納付してくださいと連絡があり、追って納付しました。この場合仕訳は