生活保護法 改正 平成30年 概要

消費者安全法改正に伴う関係内閣府令案及びガイドライン案の意見募集の結果について 生活保護法第50条第1項の規定により、指定医療機関医療担当規程を遵守し、懇切丁寧に被保護者の医療を担当しなければならないとされています。 指定医療機関医療担当規程(平成30年厚生労働省告示第344号改正)(pdf:98kb) 消費者安全法第10条の4 (指定消費生活相談員) の施行期日について [pdf:83kb] 指定消費生活相談員に関するq&a (都道府県向け) [pdf:302kb] 7.意見募集 平成27年3月27日. ・「生活保護法による医療扶助運営要領について」(昭和36年9月30日厚生省社会局長通知社発第7 27号)の改正(30頁) ・「生活保護法による介護扶助の運営要領について」(平成12 年3 月31 日社援第825 号 厚生省社 会・援護局長通知)(37頁) 平成30年10月以降における生活保護基準の見直し案 一般低所得世帯の消費実態(年齢、世帯人員、居住地域別)との均衡を図り、生活扶助基準の見直し(増減額)を 行う。 ※夫婦子1人世帯(モデル世帯)の基準額は、一般低所得世帯の消費水準と均衡。 同一の有効成分を含む農薬について、一括して定期的に、最新の科学的根拠に 照らして安全性等の再評価を行う。また、農薬製造者から毎年報告を求めること 30年法律第53号) 年6月. 〇 個人情報保護法は、平成15年に制定(平成17年全面施行)されたが、平成27 年に改正が行われ、平成29年5月30日に全面施行された。特に、平成27年改正 法においては、情報通信技術の進展が著しいこと等から、3年ごとの見直し規 定が設けられた。 その後、平成28年、30年には、取り消しうる不当な勧誘行為の追加、無効となる不当な契約条項の追加等の民事ルールの改正が行われました。 消費者契約法の一部を改正する法律(平成30年法律第54号)に関する情報はこちら 農薬取締法の一部を改正する法律の概要 (平成.