税理士 法 38条

税理士は税理士法の第38条、第54条で秘密を守る義務が定められております。 お客様から知り得た相談、依頼内容や各種資料等は勿論のこと、お問合せ内容も第三者に漏らすことは致しません。安心してご相談、お問合せ下さい。 税理士の使命、職務、税理士会・税理士会連合会の制度などを定めるほか、無資格者の税務の取り扱い禁止、税務を取り扱う表示の禁止、税理士・税理事務所の名称使用禁止などを定めている。 税理士法(ぜいりしほう)は、税理士の制度を定める法律である。. 事業計画に基づき、税法の中で適切な税金対策を行うことができるよう、納税者をサポートしていきます。 税理士には業務上知り得た秘密を他人に漏らしてはならないという「守秘義務」があります(税理士法38条)ので、安心して相談することができます。 2014.02.06 次の税理士法改正に向けて 税務会計. ※税理士法18条. 税理士の守秘義務について解説をします。 税理士法第38条は、次のように規定します。 「税理士は、正当な理由がなくて、税理士業務に関して知り得た秘密を他に洩らし、又は窃用してはならない。税理士でなくなつた後においても、また同様とする。 問題、例えば守秘義務(税理士法38条)違反によって依頼者に損害を与えた場合、及び依 頼者の税金を着服した場合などを不法行為であるとし、両者を区分し、そのいずれの責任も

前項の規定により税理士業務を行う弁護士は、税理士業務を行う範囲において、第1条、第30条、第31条、第33条から第38条まで、第41条から第41条の3まで、第43条前段、第44条から第46条まで(これらの規定中税理士業務の禁止の処分に関する部分を除く。 ア 税理士試験に合格した者 税務事務の従事経験が通算2年が必要である イ 税理士試験免除者 ウ 弁護士 弁護士となる資格を有する者を含む エ 公認会計士 公認会計士となる資格を有する者を含む ※税理士法3条 税理士法第38条(秘密を守る義務) 税理士は、正当な理由がなくて、税理士業務に関して知り得た秘密を他に洩らし、又は窃用してはならない。税理士でなくなつた後においても、また同様とする。 税理士の守秘義務は、税理士法の第38条と第54条によって、以下のように定められています。 税理士の仕事は、スポット的に行われるものもありますが、その多くが企業の顧問税理士としての役割です。 税理士の名義貸しとは、次の者が税理士法で定められている独占業務を行なうために税理士が名義を貸すことです。 ・業務停止処分中の税理士(税理士法第37条:信用失墜行為) ・税理士会に入会していない者=非税理士=無資格者(税理士法第37条の2:名義貸し) 2012.07.21 税制の円滑な実施に大きな影響を与えている要因についての概論 税務会計; 2012.07.20 税理士法第52条(税理士業務の制限) 税務会計; 2012.06.18 租税法:登録時研修3日目 税務会計; 2012.06.15 税理士制度について:登録時研修2日目 税務 … 税理士法(昭和26年法律第237号)第45条及び第46条の規定に基づく税理士に対する懲戒処分並びに第48条の20の規定に基づく税理士法人に対する処分に当たっての考え方を次のとおり公表する。 平成20年3月31日. 税理士法: データベースに未反映の改正がある場合があります。 最終更新日以降の改正有無については、上記「日本法令索引」のリンクから改正履歴をご確認ください。 (昭和二十六年法律第二百三十七号) 施行日: 平成三十年四月一日 い 税理士の資格. 租特法第37条の12の2(上場株式等に係る譲渡損失の損益通算及び繰越控除) 所得税法施行令第262条(確定申告書に関する書類の提出又は提示) 会社法第607条(法定退社) 地方税法施行令第20条の2の24(法第七十二条の二十二第二項の政令で定める金額) 書面添付制度とは、税理士法(以下「法」という)第33条の2に規定する書面添付制度と法第35条に規定する意見聴取制度を総称したものです。 平成13年の税理士法改正において事前通知前の意見聴取制度が創設されその存在意義が飛躍的に拡充されました。 この著作物は、日本国著作権法10条2項又は13条により著作権の目的とならないため、パブリックドメインの状態にあります。同法10条2項及び13条は、次のいずれかに該当する著作物は著作権の目的とならない旨定めています。 憲法その他の法令 改正 平成27年1月30日財務省告示第35号