競馬 追い上げ 損切り

複勝の追い上げで勝てるか? 本日は、複勝の追い上げについて、私ブエナの独断と偏見で書いてみたいと思います。 複勝馬券の追い上げ投資は、根強い人気がある買い方です。 追い上げ、つまり馬券が外れたら、次のレースは賭け金を・・・ 特に、追い上げという損失を含みながら競馬を続ける手法は、どこかで損切りをしないと全財産を失いかねません。 そこで、追い上げをする前に「ここまで損したら今回は諦めよう」という損切りラインを予め決めておくことが重要です。 こんばんは。ドステです。今回は、資金のドローダウンと損切りについて、私なりの見解を書いてみたいと思います。まず、ドローダウンと損切りという言葉は、競馬でどれくらいの時期から使われるようになったのか、私は知りません。私の認識では、元々、金融用 競馬の追い上げ投資法を世に広めたのは「日本競馬投資協会」の「100円玉ではじめる驚愕の財テク新理論」というベストセラーです。 統計的には投資が成功するということを数式で説明し、通常の競馬予想を一切放棄してよいという斬新な理論でした。 競馬に投資と言う言葉を用いるとかなり胡散臭いんですが。久しぶりに競馬カテ覗いてみたんですけど。私の知っている投資競馬とは追い上げ投資なんですがあってます?もう一つ損切りの解釈・使い方が違うような気がするんですが。 追い上げをする競馬ファンの多くは、最初に決めた損切りラインではなく、途中でお金がなくなって諦めます。 「追い上げなら、確実に損失を取り戻せる!