第一志望 受 から ない

大学受験はある意味で競争と言える側面があるので、どれだけ頑張ったからといって、みんなが第一志望に受かってハッピーってことはありえません。 「何を当たり前のことを…」と思うかもしれませんが、この現実から目を背けている人は多いです。 第一志望ではない業界とはいっても内定承諾をすることで、当面の就職先を確保することができるのが大きなメリットです。第一志望ではないけれど入社してもいいと思える企業であれば就職先を確保できるというリターンはかなり大きいと言えます。 就活の面接で「第一志望ですか?」という質問に対してどう答えていますか?実はこの質問にも会社側の意図があります。この意図を知って対策することで、より内定を貰える可能性は上がるでしょう。また、第一志望じゃないけどどうやったら答えていいかわからない方にも必読な内容です。 2.第一志望と伝えずに評価される方法. 第一志望校がなかなか決まりません。どうすればいいでしょうか。第一志望校が決まらない。6年生であれば、偏差値が届かず、憧れ校をあきらめて現実路線へ、という中での「決まらない」。5年生以下であれば、偏差値云々は置いておいて、どこを目指せばいいか「決まらない」。 みんな第一志望に受かるはありえない. 第一志望なんか決める必要はない. 第一志望の場合には上記のように答えれば、何の問題もないのですが、そもそも②の業界部分で迷っている、もしくは第一志望ではない場合や④の業界の中でも迷っている場合はどのように答えるべきでしょうか。 第一志望に入社できる確率は限りなく低いです。ならば そもそも第一志望を決めること自体が無意味です。 学生が企業を選んだところで、企業が不採用といえば選考を終わり、ほかの企業にいくしかありません。 就活において選ぶ権利があるのは企業側です�