筆記体 アメリカ 使わない


筆記体を英語では「cursive」または「cursive handwriting」「cursive writing」と呼ばれており、教育における位置づけは各国で少し違いますが、常に「筆記体は必要なのか?」といった論争が起こっています。ニュースでアメリカにおける筆記体の論争を扱ったのでご紹介します。
アメリカ c’era una volta サインする時だけ筆記体ですね .

アメリカ c’era una volta ↑ なんで筆記体使うかのほうがわからんわ . パパやママは中学生のときに、英語の筆記体を習った記憶がある方も多いでしょう。しかし、今は筆記体の教育は必修ではなくなり、子どもたちが学校で習わないことも多いのです。学校で学習してきた世代にとってはちょっと驚いてしまいます。どうして習わなくなってしまったのでしょうか。 筆記体による小文字の大部分は印刷やタイプライターによる小文字、特にイタリック体の小文字に非常によく似ている。 ただし、筆記体やブロック体では「a」の上の部分のフックや円を2つ縦に並べた「g」は基本として使用しない。正確な文字の形は筆記体の形式により異なっている。

昔は学校の英語の授業で筆記体を習うのが必須でした。 滑らかな曲線が続く筆記体は見た目もかっこよく、手紙を書く際に適しています。 英語を勉強していれば一度は憧れた経験があるのではないでしょう …
筆記体使わない理由がわかりません . イスラエル c’era una volta アメリカ人は学校で筆記体習わないから . アメリカ c’era una volta 日本の英語教育は中学校から必修、学校によっては小学校から始めるところも増えてきました。 アルファベットを習う際に、ブロック体(活字体)の他に、筆記体を学習しますが、英語圏の国でも使っているところとないところがあるようです。 あるアメリカ人が「学校で教わった