豆腐 冷凍 そのまま


夏場はそのまま、冬にはお鍋に入れて、はたまた年中通してお味噌汁の具にと活躍するお豆腐。でも、たまにはちょっと変わったレシピにも挑戦してみたいですよね。今回は、冷凍するだけでお肉のような食感になる「冷凍豆腐」の作り方と冷凍豆腐のレシピをご紹介。 豆腐とは、大豆のしぼり汁(豆乳)を凝固剤(にがりなど)によって固めた、加工食品のことを言います。豆腐はそのまま食べたり、たくさんのレシピに活用できる、ありがたいヘルシー食材ですよね^^その豆腐ですが、保存方法はどうすれば良いのでしょうか? でも豆腐の栄養素はそのまま残っているので安心。基本的にはここから加熱調理をするのですが、食感の違いとして、木綿豆腐はスポンジ状になって「高野豆腐」のようになり、絹豆腐は層状になって「湯葉」のようになります。

国産大豆を使った、その日に作られた豆腐屋さんの豆腐であれば、おいしいので家族でひとつ食べ切れますよ、とも思うのですが、1丁は300gもあって、食べきるのは、かなり難しいのかな、とも思います。 そこで、豆腐を冷凍して保存するわけですね。 冷凍豆腐って何? 「冷凍豆腐」というのは、 名前の通り豆腐を冷凍したもの。 食感がお肉そっくりだということで、 ダイエットや節約生活の味方だと話題に。 本来、そのまま食べても美味しい豆腐。 料理にも幅広く使うことができますよね。 水切りした… 麻婆豆腐は冷凍保存可能? 残ってしまった麻婆豆腐が後日食べるために冷凍保存をする事は可能です。 ですが、冷凍保存をする上での注意点がありますので、そのポイントをみていきましょう。 まず、豆腐を冷凍保存した経験はありますか? もし冷凍する時は、パック詰めならばパックから出して冷凍します。 そのままだと、パックが破裂するおそれがあります。 一旦冷凍した豆腐は、もう元には戻りません。 内包されている水分が氷になるため、組織を壊してしまいます。
普通、冷凍保存をすると、 栄養価が損なわれたり、 なめこを冷凍したら、 そのまま味噌汁に入れれば使えますので、 まとめ買いをしておくと便利ですね。 「えのきは冷凍で保存できる?そのまま冷凍でいいの?日持ちの期間は?」のまとめ. 2020年5月12日に日本テレビ系列・情報バラエティ番組「ヒルナンデス!」で放映された、冷凍豆腐から揚げの作り方についてご紹介します。冷凍王子こと西川剛史(にしかわたかし)さんに教えていただいた最強冷凍術のレシピです。冷凍は食材の長期保存が 買ってきたとき、パックに入っている豆腐を そのまま 冷凍します。 使うときは、 熱湯につけて解凍 します。 絹豆腐も木綿豆腐も同じです。 冷凍した豆腐は水切り不要で使えます。 豆腐を冷凍すると水気がなくなるので、炒め物に使いやすくなります。
冷凍のまま切って炒め物に使えます。 タマネギはみじん切り、千切り等にします。冷凍のまま炒めたり、スープに使ったりできます。 低温で繊維が壊れるので、いつもより甘みが増してビックリ! 他には、もやしやキノコ類もそのまま冷凍できますよ。

賞味期限切れの豆腐は1週間程度で食べきるのがベストですが、パックに水の入っていない充填豆腐は未開封であれば1カ月程は賞味期限を過ぎても大丈夫なものもあります。その他食べられない豆腐の見極め方や保存方法についても詳しくご紹介します。 硬めのスポンジの様な食感になってしまいますので 冷凍するなら豆腐を全て取り除いてから冷凍しましょう。 高野豆腐の様な食感でも気にしないなら、そのまま冷凍しても大丈夫ですが水分が出てくるので解凍したら味が薄くなってしまいます。 賞味期限切れの豆腐は1週間程度で食べきるのがベストですが、パックに水の入っていない充填豆腐は未開封であれば1カ月程は賞味期限を過ぎても大丈夫なものもあります。その他食べられない豆腐の見極め方や保存方法についても詳しくご紹介します。