転移性肝臓が ん ブログ

リリィの肝臓がん闘病日記. 肝臓がんの治療・闘病の参考になるブログ10選. 肝臓ガン →肺→骨; 肺ガン →骨→肝臓→対側の肺; 乳ガン →骨→肝臓→肺→脳; が、主な転移の可能性が考えられるようです。 ガンの種類は違っても、食べた栄養素は血液を関して肝臓に送られるので、ガンが肝臓に転移する可能性は高いようです。

大腸の血液はまず肝臓に集まることから、大腸がんの血行性転移としては肝転移が最も多く、次に多いのが肺転移です。 そのほか、同様に血液の流れに乗って、骨や脳に転移することもあります。 ハンドル名 masaさん ブログタイトル masaの闘病日記〜大腸がんと転移性肝臓がん〜 更新頻度 10回 / 365日(平均0.2回/週) 肝臓がんの闘病について書かれたブログをご紹介します。末期と診断された人、b型肝炎から肝臓がんを発症した人などみなさんが闘った足跡が見れます。 転移性肝臓がんを開腹手術により切除(右葉全摘、左葉3箇所部分切除) しかし1箇所切除できず閉腹 2015年5月 残った転移性肝臓がんと全身への治療のためfolfili+アービタックス再スタート 2015年7月 肝臓 … 転移性肝腫瘍(転移性肝癌)は肝臓以外の臓器にできた癌が肝臓へ転移したものです 肝腫瘍の中で頻度が高く、肺転移に次ぐ転移の好発部位になります。 径門脈性転移が起こりやすい消化器系の癌では 肝臓が転移先として最初の標的になる臓器と言われています。 むくみ 子宮頸がん末期から転移性肝臓がん末期闘病ブログ 癌再発 癌腹水症状,妻が子宮頸がん末期になり多発肝転移 肝臓がん末期 脳腫瘍妻と共に、癌と自分と闘う 闘病日記 肝臓がんブログの人気ブログランキング、ブログ検索、最新記事表示が大人気のブログ総合サイト。ランキング参加者募集中です(無料)。 - 病気ブログ 2016年9月 34歳の誕生日に肝細胞癌の告知を受け、 手術で右半分を摘出。 転移は無いと言われて安心したのもつかの間、 11月に肺転移が見つかりました。 治療や日々の事を書いていこうと思います! 以前京都大学で研究が進んでいると聞いたbnct転移性肺がん肝臓がんは適応なのか、あまり情報がない。それで今日日経デジタルで見つけた記事まだ首から上の腫瘍だけみたい。東京では江戸川病院で受けられると聞いた。 肝臓以外の臓器に発生したがんが、血流に乗って肝臓に転移してきたものです。もともとのがん(原発巣)は大腸がんや胃がん、膵臓がんなどの消化器系のがんや、乳がん、肺がん、卵巣がんであることも … 転移性肝がんでは、腫瘍がひとつで、大きさ3cm以内、肝臓の表面や肝臓の左の端のほう(肝左外側領域)に存在する時には、腹腔鏡(補助)下肝切除も適応となる事があります。 腹腔鏡下肝切除 2016年4月、スキルス胃がん+転移性肝がん(肝転移)、ステージ4の末期がんと診断されました。それから2年後の転移性肝がんを比較したct画像です。告知された直後1年11か月後2年後縮小を続けていた肝臓がんが、今回はじめて数か所進行しました。 転移性肝がんとは? 転移性肝がんとは、肝臓以外の臓器で発生したがん(例えば大腸がんや肺がん)が肝臓へ転移したもので、肝臓から発生したがん(肝細胞がん)とは違い、元のがんと同じ性質を示します。 つまり、肺がんから肝臓に転移したがんは元の肺がんと同じ性質を持っています。 2013年8月末 人間ドッグがきっかけで大腸がん(s状結腸)と肝臓への転移が見つかる。(stage4) 2013年9月〜2015年1月 肝臓への転移が多く手術はとてもできないと言われ通院で抗がん剤治療をする。