静物画の構図の 組み方 について

静物画はもともと豊作を表すのでしょうか、獲物や収穫物が描かれてきました。 西洋の静物画は鳥やウサギの死骸や肉が生々しく描かれています。 その点、東洋の静物画は花や、野菜、果物がほとんどで、やはり日本人は東洋の絵のほう

美術 - 「まずい、おかしい構図」は存在するという定説があるらしいのですが、いかがでしょうか。 左右上下の濃淡の色による重みや静物の材質による重みは勘案せずに1-4にお答えいただけるとありがたいです。 デッサンの構図について 構図を決める作業は、鉛筆デッサンにおいての基本であり、何を描きたいを伝える手段でもあります。 よく観察するだけでなく、デッサンの構図というのも意識して取り組みましょう。 構図について「単体の場合」

それは構図の取り方で作品の出来ばえが全く違う印象になるからです。専門家は構図の取り方をかなりの時間をかけて勉強していますが、ここではあまり難しいことは考えず一番簡単でシンプルな「3分割構図」についてご説明します。 こんにちは、saccoです。 本日は静物画の構図について、自分なりに工夫した点について。 良い構図というのはどのようなものでしょう? こと静物画については、構図が絵画の善し悪しを決める大きな要素になるので、ここはバシっと決めたいところ。 構図 写真は絵ではありませんからね。描き始める前に撮影しています。 机、布、ビン、花という古典的なモチーフです。 構図ですが、 左右のバランスを大切にしましょう。今回は花の向きに注意します。花が左を向いていますので、左には空間を作ります。

ですので、静物画含む、何かを見て描くテーマは写生画って読んでいます。 で、想像画のときは結構自由気ままに描いてもらうときもありますが、写生画や生活画のときは 「最初に構図を決めたほうがいいよ」 ってアドバイスします。 が!