鴨 胸肉 コンフィ

鶏もも肉や鴨もも肉のコンフィはビストロの定番料理。コンフィという言葉の語源は保存する(confire)という言葉で、元々は果物の砂糖漬けを指していたよう。肉のコンフィは元々、冷蔵庫のない時代に肉を保存する技術として発達した調理法です。 さて、このコンフィ。 シャラン産鴨の胸肉を ハーブとオリーブオイルで ゆっくり火を入れコンフィ仕立てで. 製作:石井 義昭(ラ・ロシェル南青山) ポワレ、ロティ等、限られた鴨胸肉の調理法の幅を広げるためコンフィに。 東京都の鴨のコンフィは一品単位で278件の口コミ・評価を掲載中!グルメサイトsarahでは、お店のメニューごとに一品単位で検索できる!みんなの口コミや評判、人気ランキングを参考に、東京都で食べられる絶品鴨のコンフィを見つけよう! フランス人は鴨肉が大好き。「鴨のコンフィ」「マグレ・ド・カナール(鴨の胸肉)」などの鴨料理は、フランス全国たいてい、どこのビストロやブラッスリーに行っても、メニューに載っています。もちろんワインとも好相性。 コンフィっていったい何?? コンフィとはフランス料理ではもともと豚、鴨、ガチョウなどをそのものの油脂を使って低温で料理する長期保存料理の総称で南西フランスの伝統的な調理法です。 マグレ鴨 マグレ鴨はフォワグラを作るために育てた合鴨の胸肉のことを指します。 いわゆるフォワグラを作る過程で出た副産品ですね。 鴨肉の種類や味わいの違い、どんなソースがよく合わせられるのか、どんな調理法があるのかを解説します。 骨からお肉がほろほろ外れる、ジューシーで皮がパリパリの香ばしい!付け合わせにはじゃがいもやきのこのソテーを添えて。「鶏もも肉のコンフィ」の簡単レシピをご紹介。自宅で&いつもの食材で、簡単手軽におうちレストラン! フランスでは鴨のコンフィは作るものではなく買うものです。どこでも売っていますからね。 生の鴨のもも肉を探す方が大変です。 そして鴨は胸肉だけが特に消費されやすく、もも肉が余ってしまいます。 そこで脂の中で煮込み、肉汁などの液体を捨てて、油脂の中で保存します。 一つは和風の鴨ロースト。もう一つは洋風でオレンジ味のソースをつける。 玉ねぎを薄切りにして鴨を焼いた油で透明になるぐらいまで炒めます。それを半分だけ皿に盛り、その上に切った鴨の胸肉を並べて一つの料理は終わり。超簡単というか手抜き。