LANケーブル リバース とは

rs-232cケーブル(リバース) RS-232Cインターフェイスを使用してパソコン相互でデータ転送するためのケーブルです。 アルミシールドケーブル 簡単に書くよ.

lanケーブル、rj-45プラグは”単線仕様”のものが基本.

lanケーブルを自作する目的として”埋め込み配線”の為だとしたら、lanケーブルは長尺向きで安価な「単線仕様」のものを選びましょう。併せてプラグも単線仕様rj-45プラグを用意するようにします。

ストレートlanケーブルとクロスlanケーブルの違いや見分け方を記載しています。また、カテゴリーごとの結線も記載しておりますので、ケーブル自作などにもご活用ください。 クロスケーブル【リバースケーブル / cross cable / reverse cable】とは、内部に複数の芯線が通っている通信ケーブルのうち、一部の芯線が両端で別の位置のピンに結線されているもののこと。送信側のピンと受信側のピンを繋げるために通信用の芯線が交差して配線されている。 リバースケーブル (英:reverse cable) とは 「クロスケーブル」のこと。 用語の中身としては LANケーブル (インターネットをするときにパソコンにつなぐ線) の種類 であり パソコンさん同士を接続するときに使うLANケーブルのこと