Vbs フォルダサイズ 取得


C#; VB.NET; J#(Java) VB6; スポンサーリンク. サンプル '***** '* フォルダサイズを表示する '***** Set objFSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject") Set objArg = WScript.Arguments '//1つ目の引数が存在しない場合 If objArg.length <= 0 Then WScript.Quit Else '1つ目の引数をディレクトリ名とする strPath = objArg(0) End If Set objFolder = objFSO.GetFolder(strPath) WScript.Echo objFolder.Size 一応、後で機 … VBS(VBScript)によるファイルのサイズを取得する方法を紹介.
ファイルのサイズを取得する方法. vbs初心者ですが、上司に依頼されて、次の目的のvbsを作成することとなりましたので、皆様の知恵をお貸し下さい。1、業務サーバー内に50前後のフォルダが存在する。2、そのサーバ内のフォルダ名とサイズ(mb表示)を取得する。3、最終 Excel VBA マクロの FileSystemObject の関数とプロパティの一覧を紹介します。関連する File, Folder, TextStream, Drive などについても紹介します。 上記のVBScriptサンプルコードは、C:\Windowsを対象としてファイルとフォルダの一覧を取得します。 2行目でFolderオブジェクトを取得し4行目のSubFoldersプロパティでFordersコレクションを取得しています。 フォルダサイズをグラフ化するマクロ . VBS(VBScript)によるファイルのサイズを取得する方法を紹介. もし取得したフォルダ名の一覧をファイルに出力したい場合、サンプルコードは以下の通りです。このサンプルコードを実行すると、実行した vbs ファイルと同じ場所に log.txt というファイルが作成され、フォルダ名の一覧が出力されます。 今回作成する Excel マクロは下記のような動作を行います。 動作概要.

Excel VBA マクロでフォルダの一覧を取得する方法を紹介します。GetFolder 関数を使って指定したフォルダを取得し、SubFolders プロパティからサブフォルダの一覧を取得できます。ワイルドカードを使ってフォルダの絞り込みができます。

WScript.Echo FileSize "c:\tmp\sample.txt" '** ファイルサイズ取得 '***** Function FileSize(path) SysWriter "FileSize関数を開始します。", sysLogPath Dim objFso Dim objFile Set objFso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject") If objFso.FileExists(path) Then Set objFile = objFso.GetFile(path) FileSize = objFile.Size SysWriter "ファイルサイズ:" & objFile.Size, sysLogPath … ファイルのサイズを取得する方法. フォルダのループではフォルダのサイズ・ファイル数・フォルダ数をどんどん足していきます。ここでフォルダのサイズ・ファイル数・フォルダ数を取得するためにこの関数は自分自身を呼び出しているところがポイントです。 getFileName_crrDir.vbs Function getFileName(crrDir) ' ファイルシステムを扱うオブジェクトを作成 Set objFileSys = CreateObject("Scripting.FileSystemObject") ' 引数 crrDir のフォルダのオブジェクトを取得 Set objFolder = objFileSys.GetFolder(crrDir) ' ファイルが無い場合 IF objFolder.Files.Count = 0 then getFileName = -1 Exit Function End IF ' FolderオブジェクトのFilesプロパティからFileオブジェクトを … フォルダの合計ファイルサイズを取得する ; フォルダの合計ファイルサイズを取得する. フォルダサイズ取得時にエラーが発生した場合、空白で出力 ; その他(タイトル、ボタン等の追加) スポンサーリンク. サンプルソース (入力) Dim fs Dim fn Set fs = WScript.CreateObject("Scripting.FileSystemObject") Set fn = fs.GetFile("e:\folder\test.txt") WScript.Echo "サイズ:" & FormatNumber(fn.Size, 0) (出力) サンプルソース (入力) Dim fs Dim fn Set fs = WScript.CreateObject("Scripting.FileSystemObject") Set fn = fs.GetFile("e:\folder\test.txt") WScript.Echo "サイズ:" & FormatNumber(fn.Size, 0) (出力) デスクトップのフォルダ、スタートメニューのフォルダ、個人用ドキュメントのフォルダなど、Windowsの特殊フォルダを取得するには、ネイティブのWindowsシェルへのアクセスを提供するWScript.ShellのSpecialFoldersプロパティを使用します。CreateObject関数で作成し … VBScript でフォルダ内のファイルオブジェクトの一覧を取得するには、 Folder オブジェクトの Files プロパティを使用します。 以下のサンプルコードでは、 "c:\temp" 内にあるファイルのオブジェクト一覧を取得し、ファイル名を表示します。 dim fso set fso = createObject("Scripting.FileSystemObject") dim folder set folder = fso.getFolder("C:\") ' ファイル一覧 dim file for each file in folder.files msgbox file.name next ' サブフォルダ一覧 dim subfolder for each subfolder in folder.subfolders msgbox subfolder.name next