Windows Server 2008 使い続ける

Windows 7とWindows Server 2008の延長サポートが2020年1月14日に終了する。終了により修正パッチが提供されなくなるため、使用し続ける場合は相応のリスクが伴うことが予想される。今回は、移行しないリスクと、やむを得ない場合の対応策について紹介する。 Windows Server 2008 サポート終了 対策はお済みですか? Windows Server 2008/2008 R2は 2020年1月14日 にサポートが終了します。 サポートが終了すると、 セキュリティプログラムが提供されなくなるので、多くの企業は新サーバーへの移行を考えています。 Windows Server 2008のサポート終了に伴い、Windows Server 2016への移行は大変高額な費用が発生します。ファナティックのP2P型ハード入替サービスなら 現在のOSはそのままに新品ハードウェアに入れ替え延命運用が可能です。 Windows のルート証明書プログラムの KB 3004394 の更新プログラムを削除する更新プログラムを提供します。KB 3004394 には、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 ベースのコンピューターにインストールされている場合に問題が発生します。 Windows Server 2008のAzure移行を「引っ越し」に例えると分かりやすくなります。 サポート終了後もWindows Server 2008を使い続ける方法、そして難しく考えがちなサーバ移行をスムーズに進める方法について、SB C&S Azure相談センターの中村ちゃんとSB C&Sの野田氏が解説する。 Windows ファイアウォールが有効になっている場合は、以下のように UDP の 123番ポートの受信を許可しておいてください。 関連コンテンツ Windows Server 2008 R2 : NTPサーバー