iPhone アルバム 長 押し

iPhoneの「写真」アプリに「旅行」フォルダを作成します。「アルバム」をタップし、画面左上の「+」を長押しします。タップすると「新規アルバム」を表示します。もし、「新規アルバム」を表示したら「キャンセル」します。 iPhone/iPadはタッチ操作に注意 「3D Touch」を搭載したiPhoneの場合(iPhone6s以降)、ブラウザで画像を長押ししても、タッチの押し込み具合で画像の保存メニューが出ないようです。 アルバムのサムネイルは一番上の左端の画像が表示される仕組みになっていますので、サムネイルにしたい画像をアルバム内の一番上の左端に移動してあげましょう。 やり方は、まずサムネイルにしたい画像を長押しでドラッグ状態にします。 長押ししたアルバムがスッと浮き上がったら、そのまま移動したい場所に持っていく(ドラッグする)。 アルバムの名前を変更する. iPhoneの写真は「アルバム」を使えば並べ替えができます。長押しだけでなく、【長押しして動かす】選択モードの状態で移動したい写真をドラッグ&ドロップ(押したまま移動し、はなす)するとアルバム内で好きな場所へ移動できます。 ちなみに、一度「非表示」に設定した画像はまた長押しすると「再表示」と言う項目が出てきますので、選択すると表示する事も可能です。 上記以外の方法ですと専用のアプリを使ってiPhoneのアルバムフォルダをシークレット設定にする事も出来るようです。 新型iPhoneの発売にあわせて、iOSも11から12へとアップデートされました。iPhoneはiOSがアップデートされるごとに新たな機能が追加されています。とはいえ、それらの新機能を完全に使いこなしている人はあまり多くありません。iPhoneで意外に知られていないキーボードの操作テクを紹介しましょう。 スリープボタンとホームボタンを同時に長押しすると画面が黒くなる。 iPhoneは[空白]キー長押しで、カーソル移動ができる。iPhoneで文字入力していて、途中で入力した文章を修正することはよくありますよね。指で画面を押したまま動かしてカーソルの位置を目的の場所まで移動させますが、ぴったりの位置で指を止め 今さら聞けない、iPhoneの使い勝手を良くする裏技!長押しメニューを紹介します。AndroidからiPhoneへ乗り換えた方は必見です。やまさき局長が実感した効果的なものを紹介します。 アプリの中でアルバムの配置を換えたいときには、アルバムボタンを長押しして移動させるだけで終わります。 iPhone写真アプリでアルバムを削除する.

iPhone本体上部にある「スリープボタン」を長押し後、画面中央に表示される「スライドで電源オフ」の部分を右にスライドすれば、電源をオフにできる。 いつでも>>> スリープ+ホーム. iPhoneの写真は「アルバム」を使えば並べ替えができます。長押しだけでなく、【長押しして動かす】選択モードの状態で移動したい写真をドラッグ&ドロップ(押したまま移動し、はなす)するとアルバム内で好きな場所へ移動できます。 iPhoneをお持ちのみなさん、「長押し」機能は使っていますか? 画像はもちろん、それ以外にも電話番号やリンク先URLなどをiPhoneの画面上で長押しするだけで簡単にコピーできるので、覚えておくとさまざまなシーンで効果を発揮します。 iPhoneは[空白]キー長押しで、カーソル移動ができる。iPhoneで文字入力していて、途中で入力した文章を修正することはよくありますよね。指で画面を押したまま動かしてカーソルの位置を目的の場所まで移動させますが、ぴったりの位置で指を止め 新型iPhoneの発売にあわせて、iOSも11から12へとアップデートされました。iPhoneはiOSがアップデートされるごとに新たな機能が追加されています。とはいえ、それらの新機能を完全に使いこなしている人はあまり多くありません。iPhoneで意外に知られていないキーボードの操作テクを紹介しましょう。