iPhone ジェスチャ 指


iPhoneには「AssistiveTouch」という機能があります。複雑な操作をショートカット化したり、ホームボタン・電源ボタンを画面タッチに置き換えたりできます。頻繁に使う操作を登録しておけば効率的に端末の操作ができるので、設定方法やジェスチャの登録方法などを覚えておきましょう。 iPhoneは初めての人でも説明書不要な「使いやすさ」がウリのデバイスですが、実は標準機能として提供される便利なジェスチャー機能を知らない人も多いです。そこで本記事では、iPhoneの操作をより便利にする豆知識をまとめて紹介します。うまく使 しかも、この動作には2本指で上から下にスワイプという特殊なジェスチャが割り当てられており、簡単に呼び出すことが可能です。 以下の設定をして、Safariやニュース、メッセージアプリで使ってみましょう! 「スピーチ」機能を設定する アイフォン修理のダイワンテレコム渋谷店です。iPhone X以降の機種ではホームボタンがなくなり、ジェスチャでiPhoneを操作するようになりました。これまでのホームボタンに慣れている方はジェスチャ機能を使いこなして快適なiPhoneライフを目指しましょう。 VoiceOver ジェスチャには、2 本、3 本、4 本指でのタップやスワイプがあります。複数の指のジェスチャで最適な結果を得るために、指に力を入れないで、間隔をある程度空けて画面をタッチしてください。 ほかにも「3本指でピンチイン」=コピー、「3本指でピンチアウト」=ペーストといったジェスチャがあります。 しかし、iPhoneの小さな画面では、3本指でのスワイプやピンチインはあまり使い勝手がよ … ジェスチャには2~5本指でのタップ操作が登録されています。指の本数によって、同じタップでも機能が変わりますが、普段はあまり使わない機能ですね・・・。 iPhoneを上下・左右に振ったとき「と同じ効果を得ることができます。 ジェスチャ.