youtube ビットレート 音声

YouTube Liveでは、 ビットレートに上限が設けられていません 。したがって、配信者側で自由にビットレートの設定をして、高画質な配信ができるようになっています。ただ、YouTube ヘルプにはビットレートの目安が掲載されています。 どうしてもより高画質にする必要があれば、これ以上のビットレートで配信を行ったり、フレームレートを下げるなどの方法もあります。 なお、音声のビットレートは128Kbpsで十分です。音質が必要なければ64Kbpsに下げて、映像のほうにビットレートを回しても良いでしょう。. 720p以上では音声部分のビットレートに変化がないようなので、 アップロードの際には720p以上を選択すれば高音質となります。 ただし、YOUTUBEではアップロードの際にエンコードされるので、 音声ビットレート については、上で述べました。96~192kbpsの範囲内で設定すればじゅうぶんです。 サンプリングレート も音質に直接影響する設定です。ただ、配信では気にする必要はありません。 Youtubeの動画ってキレイなことが多いんだ。 それは、アップした元の動画がキレイなことが必要なんだけど、そのほかにも秘密があるんだよ。 Youtubeはアップされた動画を、何種類かのビットレート(配信速度だね)の動画・・・ ビデオのビットレートは半分近く削られていますね。 音声ビットレートは半分以上削られています。 ファイルサイズで見ればちょうど半分くらいです。 Youtube はたとえ推奨設定でアップロードしてもこれだけ情報を削っているのです。 YouTube の動画ビットレートって、配信時の推奨値 4,500~9,000 Kbps。実際にライブするときは、どの値が正解なのでしょうか?というわけで今回は、YouTubeの動画ビットレート。ライブ配信の画質を、ビットレートごとに比較してみました! YouTubeにある高音質動画は、mp3ビットレートが192kbps程度だけど 「YouTube mp3」で変換すると128kbpsとなってしまうことがある。 とはいっても、128kbpsというのは、音楽CDで一般的に使われている音質で、 192kbpsと比較しても、ほとんどの人は判別が付かないだろう。 音声ビットレート、サンプリングレート. ビットレートの設定項目は、Aviutl左上のファイル > プラグイン出力 > 拡張x264出力(GUI)Ex > ビデオ圧縮 と開いた先のウィンドウ上にあります(画像赤枠部分)。 左が映像ビットレート、右が音声ビットレートの入力欄 動画のビットレートは、映像ビットレートと音声ビットレートに分かれて用意されています。そのため音声ビットレートだけ高く設定して音声メインの動画を作ったり、逆に無音動画であれば音声ビットレートをゼロにして映像ビットレートに重みを割くということも可能です。 YouTubeでは、ビットレート上限が設けられていません。 設定がよくわからない場合は、ひとまず 3,000kbps に設定することを推奨します。 速度に余裕があるなら、 6,000~9,000kbps でもかまいません。 YouTube ヘルプには音声コーデック:AAC-LC 、ビットレートはモノラル:128 kbps、ステレオ:384 kbps、5.1:512 kbps 推奨とある *1 。 ステレオは 1 ch ぶん表記 192 kbps ということで、「おすすめ」どおりアップしていたということでいいのだろう(たぶん) *2 。 YouTubeのヘルプによると解像度フルHD(1920×1080)に対して映像ビットレート8~15Mbpsがアップロード時の目安とされています。↓YouTubeにアップロードする際の目安です YouTube ヘルプには音声コーデック:AAC-LC 、ビットレートはモノラル:128 kbps、ステレオ:384 kbps、5.1:512 kbps 推奨とある *1 。 ステレオは 1 ch ぶん表記 192 kbps ということで、「おすすめ」どおりアップしていたということでいいのだろう(たぶん) *2 。