千利休 茶の湯 大成

少し前のことになってしまいますが、3月というのは利休忌の月です。千利休の命日は旧暦2月28日とあり、今の暦ですと3月か4月ということで、この時期に行われる行事となり、表千家の家元では3月27日に、裏千家では3月28日に門弟が一堂に会して行われます。 新たな美意識の提案と言えるでしょう。 秀吉が愛した� 利休忌. 茶室「待庵」や黒の楽茶碗などですが、 それらは、中国からの渡来品を重視した足利義政や、 豪華で大胆なものを好んだ信長、秀吉とは異なる. 堺が生んだ茶の湯の大成者「千利休」と、日本近代文学を切り拓いた歌人「与謝野晶子」の生涯や人物像などを通じて、堺の歴史・文化の魅力を発信する文化観光施設です。 千利休と茶の湯を歴史文化から解き明かす「千利休茶の湯館」、歌人与謝野晶子の作品世界とその生き方に触れる「与�

茶の湯の作法は、村田珠光から弟子筋に当たる武野紹鴎(たけのじょうおう,1502-1555)へと引き継がれていき、更に武野紹鴎の弟子の千利休(せんのりきゅう,1522-1591)によって現代の茶道(一期一会のもてなしの作法)にも接続する『茶の湯』が大成されたのである。 精神的なものに押し上げたのが千利休です。 利休が見出した「侘び」の美の代表作といえば. 千利休は、歴史の教科書に必ず出てくると言っていいほど有名だよね。 日本史上最も有名な茶道家である千利休は、豊臣秀吉の側近にまでなったんだよ。 茶の湯を大成した茶人で「茶聖」とも呼ばれる千利休はどんな人物だったんだろう。 さっそくまとめてみよう。